ここから本文です

神戸20歳DF山口が大分に育成型期限付き移籍

ゲキサカ 8月19日(金)15時31分配信

 大分トリニータは19日、ヴィッセル神戸からDF山口真司(20)を育成型期限付き移籍で獲得したと発表した。期間は2017年1月31日まで。背番号は50をつける。

 山口は神戸の下部組織出身で、15年にトップチームに昇格。ルーキーイヤーの昨季にJ1リーグ戦デビューを飾ったが、今季は出場機会がなかった。

 クラブを通じ「J2昇格という目標に向けて、1試合でも多く勝利に貢献できるよう、大分の一員として精一杯戦います」とコメントした。大分は現在、首位栃木と勝ち点差7、2位鹿児島と勝ち点差1の3位。

 なお、神戸と対戦するすべての公式戦に出場することは出来ない。

最終更新:8月19日(金)15時31分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。