ここから本文です

「関係の始まりは最悪だった」 モウリーニョ監督がファーガソン氏との出会いを明かす

ゲキサカ 8/19(金) 18:40配信

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、アレックス・ファーガソン氏との出会いを語っている。

 モウリーニョ監督がイングランドのサッカー界で注目を集めたのは、ポルトが2003-04シーズンの欧州チャンピオンズリーグ(CL)のベスト16でマンUを破ったことがはじまりだった。『スポーツ・マガジン』に次のように語っている。

「マンUとの関係の始まりは最悪だった。というのも、ポルトで行われた第1戦で、彼(ファーガソン氏)が結果(2-1でポルト勝利)に激怒していたからね。ロイ・キーンがレッドカードをもらっていたことにも怒っていた。だが、私もサッカーに携わる男だ。試合の結果を尊重したいと思っていたから、何も起きなかった。その後、第2戦では自分たちの文化では考えられないようなことを体験した」

 ホームでの第1戦をものにしたポルトは、敵地に乗り込んだ第2戦を1-1で引き分け、準々決勝に進んだ。

「ロッカールームにいたときの私たちは、まるでCLを優勝したかのように喜んでいた。まだベスト16を突破しただけだというのにね。その後、ドアをノックする音が聞こえた。それがアレックス・ファーガソンとガリー・ネビルだったんだ。彼らは『素晴らしい。君たちは勝利に値する。これからの幸運を祈るよ』と言って去っていった」

「ポルトガルではこんなことは起こりえない。全員が互いを見回していたよ。違う世界に来たんだと私たちは気づいたんだ。その後、彼らとは互いに敬意を払いあう関係にある。私たちはタイトルを争い、何度も対戦相手として戦ってきた。R・マドリー、インテル、ポルト、チェルシーというチームで、何度もマンUとは対戦した。FA杯、コミュニティシールド、リーグ杯という舞台でね」

最終更新:8/19(金) 18:40

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]