ここから本文です

NY原油(18日):6日続伸、強気相場入り-増産凍結観測や在庫減で

Bloomberg 8月19日(金)5時43分配信

18日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が過去1年あまりで最長の6営業日続伸し、強気相場入りした。主要産油国が生産抑制に動くとの観測に加え、米国の原油・ガソリン在庫の減少が買いを誘った。

コンフルエンス・インベストメント・マネジメント(セントルイス)のチーフ・マーケット・ストラテジスト、ビル・オグレイディ氏は「この上昇は全て石油輸出国機構(OPEC)の口先操作が基になっており、極めて効果的だ。サウジアラビアはWTIで40ドル台前半が恐らく底になるとのシグナルを送っているようだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日比1.43ドル(3.1%)高い1バレル=48.22ドルで終了。終値ベースで7月1日以来の高値となった。6日続伸は2015年4月以降で最長。ロンドンICEの北海ブレント10月限は1.04ドル(2.1%)上昇の50.89ドル。

原題:Oil Enters Bull Market as OPEC Output-Freeze Optimism Heats Up(抜粋)

Jessica Summers, Rachel Adams-Heard

最終更新:8月19日(金)5時43分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]