ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】新CEO、スパで始動へ

TopNews 8月20日(土)6時57分配信

マクラーレンの新CEOが間もなく始動する。本人が認めたもの。

WRC(世界ラリー選手権)でフォルクスワーゲン(VW)ワークスを率いる、ドイツ人のヨースト・カピート。彼がマクラーレン・ホンダCEO(最高執行責任者)として同チームと契約したのは、去る1月だった。しかしカピートは、VWが後任を見つけない限り離任しないと語っていた。

そして今週末のWRC第9戦ラリー・ドイチュラントでカピートは、これがVWで自身の最終戦だと明らかにした。

「8月末をもってVWの仕事を終了する」とカピート。

これに反してスペインのスポーツ紙『Marca(マルカ)』は、カピートがマクラーレンCEOとして初めて、来週末のF1第13戦ベルギーGPにやって来ると報じた。

そこで気になるのは、VWでカピートの後任だ。1990年代にWRCで活躍したスペインの英雄カルロス・サインツのコ・ドライバーを務め、現在はVWアンバサダーのカルロス・モヤ。カピートの後がまについて聞かれた彼は、自分の異動はないと次のように答えた。

「私は何も聞いていない。知っていても言わないよ」

最終更新:8月20日(土)6時57分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。