ここから本文です

東映後援、第3回新潮ミステリー大賞が決定

映画.com 8月20日(土)8時0分配信

 [映画.com ニュース]第3回新潮ミステリー大賞(主催:新潮社、後援:東映)の選考がこのほど、都内の同社で行われ、新下なおき氏の「グッバイ・ボーイ」が大賞に決定した。

 日本推理サスペンス大賞、新潮ミステリー倶楽部賞、ホラーサスペンス大賞に次ぐ新たなる文学賞としてスタートした新潮ミステリー大賞は、最終選考に残った4作品を対象に、東映での映像化が検討される。

 なお、選考委員3氏(伊坂幸太郎、貴志祐介、道尾秀介)の選評および受賞作の抄録は、小説新潮10月号(9月21日発売)で発表し、受賞作の単行本発売と大賞贈賞式は2017年1月末を予定している。(文化通信)

最終更新:8月20日(土)8時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。