ここから本文です

2016年、セパンが変わる

TopNews 8月20日(土)11時39分配信

F1第16戦マレーシアGP(9/30-10/2)主催者は、2016年大会を前にセパン・サーキットに大幅な変更を加えたことを明らかにした。

マレーシアGPは例年、首都クアラルンプール郊外の同コースでシーズン序盤に開かれる。ところが今年は、秋のシンガポールで人気の夜間レースと抱き合わせになった。

「シンガポールGPから一夜明けた9月19日(月)、F1の貨物は陸路、セパン・サーキットに運ばれる」と語るのは、セパンの責任者ラズラン・ラザリ。

「この地域(アジア)では初めてだ」

ラザリによると、サーキットのコーナーにも手が入れられた。その理由をシンガポール『Straits Times(ストレーツ・タイムズ)』紙は、追い越しをしやすくするためとしている。

「コーナーをところどころ変更し、サーキットの性格を変えた。各チームとドライバーに多少の不確定要素が生まれる」

「彼らにとっては、あたかも初めてセパンを訪れたような気分だろう」

第15戦シンガポールGPは9月18日開催。マレーシアGPは、その2週間後だ。

最終更新:8月20日(土)11時39分

TopNews