ここから本文です

<土屋太鳳>甲子園の熱気に感動 「願いみたいなもの感じた」

まんたんウェブ 8月20日(土)13時41分配信

 女優の土屋太鳳さんが20日、東京都内で行われた主演映画「青空エール」(三木孝浩監督)の初日舞台あいさつに登場した。映画にちなみ開催中の夏の甲子園を見に行ったという土屋さんは「すごかったですね。大会の会場っていうだけじゃなく、歴史とか(選手、応援する観客の)願いみたいなものを感じました」と振り返り「今、準決勝が行われているんですよね」とエールを送りながら「本当に(映画も)開幕ができてよかった。一心不乱に撮影をしてきたので、永遠の青春として皆さんの心の中に残ってくれたら」と満面の笑みを見せた。

【写真特集】黒のセットアップ姿の竹内涼真、青のワンピース姿の上野樹里も

 初日舞台あいさつには、共演の竹内涼真さん、葉山奨之さん、堀井新太さん、松井愛莉さん、上野樹里さん、三木監督も出席。土屋さんと甲子園に観戦に行ったという竹内さんは「緊張感がすごかったです。テレビで見ているより、重圧感がすごかった。高校球児があそこを目指す理由が分かりました」とにっこり。

 開催中のリオデジャネイロ五輪で印象に残ったエピソードを聞かれた土屋さんは「シンクロナイズドスイミングの井村雅代コーチ」を挙げ「厳しい指導の中にも(選手たちに)愛情もあってすてきだなと思いました。昨晩の表彰台に上がった(日本の)選手たちに『すごく、きれい』と言っていた監督が、すてきだなと思いました」と興奮しながら話した。

 上野さんは「内村航平選手」を挙げ「ウィキペディアで調べたのですが、以前は、かなりの偏食だったようなのですが、(試合で)負けそうになっていたのに、逆転しちゃうあたりが“持っているな”と思いました」と明るく話した。

 「青空エール」は、河原和音さんが「別冊マーガレット」(集英社)で2008年から15年10月まで連載し、累計発行部数が390万部を突破している人気マンガが原作。土屋さん演じる主人公・小野つばさは、吹奏楽の名門・白翔高校に入学。竹内さん演じる野球部の山田大介と励まし合いながら、共に甲子園を目指す……というストーリー。司会はフリーアナウンサーの上田まりえさんが務めた。

最終更新:8月20日(土)18時59分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。