ここから本文です

「アイドリッシュセブン」アニメ化プロジェクトが始動!ゲーム第3部も制作中

コミックナタリー 8月20日(土)0時4分配信

スマホ向けリズムアクションゲーム「アイドリッシュセブン」のアニメ化プロジェクトが始動した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは昨日8月19日に配信された、ニコニコ生放送「『キミと愛ドリッシュないと!』supported by animelo mix」にて発表されたもの。ゲームプロデューサーの根岸綾香曰く「シナリオはゲームと同様注力していく」とのこと。アニメ化プロジェクトの続報は、公式サイトにて順次発表されていく。

そのほか同番組では、ゲームの第3部が制作中であることも発表に。またIDOLiSH7、TRIGGER、Re:valeの新たなミュージックビデオが作られることも明らかとなった。なお本日8月20日17時より、アプリでは1周年記念のストーリーをフルボイスで配信。ますます盛り上がりを見せていく「アイドリッシュセブン」に注目しておこう。

本日8月20日に1周年を迎える「アイドリッシュセブン」は、プレイヤーが7人のアイドルとともにアイドル界の頂点を目指す、フルボイスの本格リズムアクションゲーム。種村有菜がキャラクターデザインの原案を担当しており、8月24日にはIDOLiSH7のフルアルバム「i7」のリリースを控えている。

最終更新:8月20日(土)0時4分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。