ここから本文です

<松原智恵子>芸歴55周年も変わらぬ美しさは「姿勢と化粧落とし」から 映画「ゆずの葉ゆれて」公開

毎日キレイ 8月20日(土)17時0分配信

 女優の松原智恵子さん(71)と俳優の津川雅彦さん(76)が夫婦役でダブル主演した映画「ゆずの葉ゆれて」(神園浩司監督)が20日から順次、公開される。老老介護や、死、遺族の思いなどがテーマで、松原さんが、畑仕事をしながら夫をみとる妻の役を演じた。芸歴55周年を迎えた松原さんに、同映画への思いと、変わらぬ美しさの秘訣(ひけつ)を聞いた。

【写真特集】松原智恵子、いつまでも変わらぬ美しさ

 ◇背筋を正すのが習慣 化粧落としはマッサージも加えて念入りに

 松原さんは1960年、高校在学中に日活主催のコンテストに入賞し、芸能界デビュー。翌年に映画でヒロインを演じて以降、“都会の清純派女優”として活躍し、吉永小百合さんらとともに人気を博した。現在、放送中の連続ドラマ「営業部長 吉良奈津子」(フジテレビ系、木曜午後10時)で主演の松嶋菜々子さん演じる奈津子の姑(しゅうとめ)を演じている。

 いつまでも可愛らしく、美しい松原さん。その秘訣を聞くと、まず挙がったのが「姿勢」。「小さいときから、背筋を正すのが習慣。スッと見えます」といい、「人の姿勢が悪いと『ピンとしなさい』って注意することもあります」と笑顔で明かす。

 また「化粧は、眠たくても必ず落としてから寝る」といい、落とし方も念入り。2回、化粧落としを使い、2回目はマッサージも行って風呂に入る。その後、洗顔料で洗うのが習慣だ。

 「1回目は化粧落としでサッと落とす。2回目はクリーム状の化粧落としを使って、首の方までマッサージをします。その後、(マッサージをした)クリームを塗ったまま、お風呂に入るんです。体を洗ったり、頭を洗ったりしていると、自然にクリームが取れているので、洗顔料をたくさん泡立ててやさしく洗う。そこでお化粧落としが終わり」

 たくさんの段取りに「寝るまでに時間がかかるんですよ」とちゃめっ気たっぷり。ほかに健康のために「時間がある限り歩くこと」「食事をバランスよく食べること」にも気を配っている。

1/2ページ

最終更新:8月20日(土)17時0分

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。