ここから本文です

ホンダ NSX 新型、早くも納車待ちが2年…北米

レスポンス 8月20日(土)9時45分配信

ホンダ(米国ではアキュラ)が5月下旬から、米国市場での納車を開始した新型『NSX』。北米では早くも、長期間の納車待ちが発生していることが分かった。

画像:ホンダ NSX 新型

これは8月上旬、ホンダオーストラリアのステファン・コリンズ ディレクターが明らかにしたもの。同氏は、「新型NSXは北米で、すでに2年の納車待ち状態」と公表している。

新型NSXの生産は、米国オハイオ州メアリズビルに設立された専用工場、「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」のみで行われている。多くの工程を手作業で行うため、生産台数が限られる。

例えば、技術者が14時間かけて、パワートレイン、サスペンション、電装部品、内装部品、ボディパネルを組み付け。主要なボルトの取り付けはエキスパートによる手締めから始まり、その後ワイヤレス通信が可能なデジタルトルクレンチで締め付ける。

そのため北米では、新型NSXを注文した顧客に対して、最大で2年という納車待ちが発生。ステファン・コリンズ ディレクターは、「世界市場への供給台数に限りがあるため、新型NSXも初代同様、オーストラリアでは希少な車になるだろう」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月20日(土)9時45分

レスポンス