ここから本文です

【速報】松山英樹が「64」で通算10アンダー 優勝争いの週末へ

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 8月20日(土)7時27分配信

米国男子ツアー「ウィンダム選手権」2日目、松山英樹が6バーディ、ボギーなし「64」で通算10アンダーとした。ホールアウト時点では暫定3位と週末の優勝争いに食い込んだ。岩田寛は「70」で通算イーブンパー暫定94位とし、予選通過は厳しい状況になった。首位は「60」を出したキム・シウー(韓国)で通算12アンダーとしている。

松山英樹のフォトギャラリー

首位と3打差の8位と好スタートを切った松山は、この日も安定感あるプレーに終始した。前半は5番のバーディ以外で粘り強くパーを拾う展開だった。5m強を入れた10番からエンジンがかかり、12番でもバーディ。162ydから2m弱に寄せた14番から連続で奪うなど伸ばした。

フェデックスランク145位から逆転で来季シード入りを狙う岩田は追い込まれた。インから出て前半を「37」(パー35)で折り返すと、イーグルなどで一時はアンダーパーと盛り返した。だが、終盤の7番でダブルボギーを叩いた。現在、カットラインには3打及んでいない。今週を終えた時点でランク125位までに、来季シード権と、次週から始まるプレーオフシリーズの出場権が与えられる。

最終更新:8月20日(土)7時55分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。