ここから本文です

<鈴木保奈美>女優の仕事が好き「毎回新鮮で面白い」

毎日キレイ 8月20日(土)18時45分配信

 女優の鈴木保奈美さん主演の「ノンママ白書」(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜午後11時40分~)が放送中だ。同ドラマは東海テレビの「オトナの土ドラ」枠の3作目で鈴木さんが連続ドラマに18年ぶりに主演したことも話題になっている。鈴木さんが演じるアラフィフのバツイチ子無し、中堅広告代理店のクリエーティブ畑の女性管理職の土井玲子は、菊池桃子さんが演じる同期で人事部の未婚女性、大野愛美や渡辺真起子さん演じる既婚・子無しのフリーライター、葉山佳代子と3人でアラフィフ女性の本音満載のトークを繰り広げる。鈴木さんに、撮影のエピソードや女優の仕事について聞いた。

【写真特集】颯爽! 保奈美さんのカッコいいお仕事ファッション

 ◇ぶっちゃけていくしかない

 「ノンママ白書」は東海テレビ「大人の土ドラ」の第3弾。「大人の土ドラ」と聞いて鈴木さんは「どこまで迫るのかな」と思ったという。ただ、同世代を意識したかと聞くと、「土曜日のこの時間(午後11時40分~)って年齢が上とは限らないのかなと。若い方もぜひ見ていただければ」とメッセージを送る。

 見どころは「アラフィフの3人が、シワもたるみも涙もさらけ出してジタバタするところ」と答えていた鈴木さん。さらに「台本的に結構ズバズバしゃべっていますので、それを私たちがどうやっていくか。あまりオブラートに包んでもしょうがないし、キラキラのフォーカスをかけてもしょうがないので。結構ぶっちゃけていくしかないのかな」とある意味開き直ったという。

 さらけ出すことに怖さはなかったのか? 「以前よりは、見てくださっているいる方がどんな気持ちになるんだろうって想像する余地が(自分自身に)ちょっとできたので、どう思うんだろう、どう受け止められるんだろうと思うことはありますが、このドラマをやると決めた以上、一度スタジオに入った以上は、そこで微調整してもしょうがないと思ったので、思い切りやるだけです」と全力でぶつかっている。

 ◇クランクイン前に3人で入念にリハーサル

1/3ページ

最終更新:8月21日(日)7時16分

毎日キレイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。