ここから本文です

茨の道を歩み始めた能年玲奈あらため“のん”

リアルライブ 8月20日(土)16時31分配信

 能年玲奈から改名した「のん」がついに自身のブログを立ち上げた。いよいよ復活へ始動したが、やはりというかスタートから暗雲が立ち込めてきた。

 立ち上げた初日には6枚の写真を掲載し、「これから楽しく更新していきます。よろしくお願いします! のん。」と元気いっぱいのコメント寄せた。この始動に「待ってました!」「がんばってください!」と応援するファンも多数見受けられた。

 ただ、この開設したという報道そのものを取り上げる大手メディアはなし。ある芸能関係者は「当たり前ですよ。能年としては契約が切れたから大丈夫と思っていても、事務所のほうは話し合い中と言っている。要は今でもこの問題は揉めている真っ最中というのが大方の見方です。そんな中にわざわざ手を突っ込んで、『のんがブログを開設した』などと報じるところはないでしょう。揉めるのがオチですし、それに今では揉めることが分かってまで、報じなければならないというほどの女優でもないということですね。まあ、どこもかしこも自主規制みたいなものでしょう」。

 今ではテレビや映画などの女優としての仕事が来るのはなかなか厳しいのが現状だ。「一説には能年のほうが話し合いに応じるという姿勢を見せながら、なんら実行に移してなく、のらりくらりとしているという話も漏れてくる。先輩の女優の『事務所にもどれ』という忠告を能年は無視しているから、誰も手を差し伸べない状況。だんだん悪化しているようにも見えます」とは別の芸能プロ関係者。

 ブログを開設したものの、茨の道は始まったばかりだ。

*画像 のんオフィシャルブログから

最終更新:8月20日(土)16時31分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。