ここから本文です

高校生 小惑星三つ確認 新発見の可否判断へ 石垣島天文台

琉球新報 8月20日(土)5時0分配信

 【石垣】石垣市にある国立天文台の施設を利用して観測研究を実践する「美ら星研究体験隊」の高校生チームが3~5日の日程で観測に取り組み、未確認とみられる小惑星を三つ発見した。今後、国際機関に報告するとともに、石垣島天文台が追加観測し、新発見の可否の判定作業を進める。

 体験隊は八重山高校を中心に県内外の生徒を含む17人が参加。4班に分かれて、天体が発する電波を捉えるVERA石垣島観測局の電波望遠鏡と石垣島天文台の「むりかぶし望遠鏡」を使って観測を試み、今回はむりかぶし望遠鏡の班が未確認とみられる天体を見つけた。
 高校生たちは5日に県立石垣青少年の家で成果発表し、新発見の可能性がある天体を発見したことに「八重山にちなんだ名前を付けたい」などと期待を膨らませていた。
 美ら研は2005年に始まり、県内外の高校生が参加し新発見の成果を上げている。

琉球新報社

最終更新:8月20日(土)5時0分

琉球新報