ここから本文です

<リオ五輪速報>日本が400mリレーで銀メダル「歴史を作れた!」

THE PAGE 8/20(土) 11:24配信

 陸上の男子400mリレーの決勝が19日(日本時間20日)現地の五輪スタジアムで行われ、山縣亮太(24、セイコー)桐生祥秀(20、東洋大)飯塚翔太(25、ミズノ)ケンブリッジ飛鳥(23、ドーム)の4人で挑んだ日本チームは銀メダルを獲得した。同種目でのメダルは北京五輪の銅以来、2大会ぶりとなる。

 最強の布陣で臨んだ日本は、世界トップクラスのリアクションタイムを持つ1走の山縣が弾丸スタート、ポイントだった2走の飯塚が踏ん張り、3走の桐生で2位に上がり、アンカーのケンブリッジ飛鳥がボルトと一時は併走しながら順位をキープして2位でフィニッシュした。9秒台をずらっと並べたアメリカを抑えての価値ある銀メダル。37秒60のタイムは予選で作ったアジア記録を更新するものだった。

 レース後、最高の4人は笑顔でインタビューゾーンに現れた。

 先頭を切った山縣が、「メダルを目指してやってきて、いざ取れたら、感慨深いものがある。夢は実現できるを証明できた。予選よりもいいスタートを切れたと思う。あとを信じて気合いを入れて走りました。バトンでは、少し距離を伸ばしたが、絶対に渡ると信じていた。歴史を作れて嬉しい」と語ると、2走の飯塚も、「興奮しました。アドレナリンが出て走りました。仲間を信じて桐生だけを見て、突っ走りました。彼を信じてバトンを渡しました。信頼できるチーム。ミスるなんてことは一切考えていませんでした」と、今なお興奮がさめない様子だった。

 順位を上げた桐生は、「最高の気分です。(バトンは)絶対に渡してくれると信じて思い切り前に出て、興奮しながら、ケンブリッジさんに、よりいい順位で渡すことだけを考えていました。(日本のバトンパスは)最高だと思う。このメンバーで走って最高の日になりました」と、続けた。
 
 アンカーとしてボルトを追い、2位をキープしたケンブリッジも信じられない様子。

「3人が完璧な位置で持ってきてくれた。絶対にメダルを取るという気持ちで走った。(ボルトと?)あまり覚えていないです。いい経験ができたと思います。ちょっと堅くなったんですが、しっかりと2位でゴールできてよかったと思います」

 9秒台が一人もいない日本はバトンパス技術とチームワークで銀メダル獲得の偉業を達成した。

最終更新:8/20(土) 12:30

THE PAGE