ここから本文です

【イマ旬!ハリレポ】スーパーヒーローの世界にも女子の時代到来!?

cinemacafe.net 8月20日(土)15時0分配信

現在ハリウッド映画界ではコミックの女性ヒロインたちがアツい。人気キャラクターのバロメータにもなるコスプレが有名な7月開催のサンディエゴ・コミコンでは『スターウォーズ/フォースの覚醒』ですっかり人気者となったレイや、『スーサイド・スクワッド』で人気沸騰中のアナーキー女子ハーレイ・クイン、そして2017年6月2日全米公開予定の『ワンダーウーマン』などのヒロイン・コスプレが目立ち、「スーパー・ヒロイン分析」などの女性ヒーロー系パネルディスカッションも目に付いた。

【画像】元祖ハーレイクインのコスプレ女子

ハーレイ・クインが人気の映画『スーサイド・スクワッド』は、日本の9月公開予定に先駆け全米で一足早くオープンしたのだが、批評家たちの間で前評判がイケておらず、デビュー週の興行成績が懸念されていた。結局は全米ナンバーワンの座に輝き、映画の関係者たちは胸をなでおろしたのだが、この結果はスクワッドメンバーで紅一点のハーレイ・クインに負うところが大きかったのでは、というのが界隈の噂だ。

筆者の知り合いにも、本作を観に行くきっかけとなった理由を尋ねると、「ハーレイ・クインに興味があったから」と答えた人が多かった。ジャレッド・レト演じるジョーカーも話題の的だったが、ハーレイ・クインの重要さはキャラ商品などでの扱われ方を見ても明らかで、彼女の存在は本作を窮地から救い出したと言っても過言ではないと思う。

その昔、TVでリンダ・カーター主演の「ワンダーウーマン」が人気を博していた。人間が窮地に陥ると普通の人間の姿からワンダーウーマンに変身して悪者をやっつける。頭にはティアラ、アメリカ国旗をモチーフにしたセクシーなコスチュームを身につけ、ビシバシ悪い奴らをなぎ倒していくワンダーウーマンの姿は超カッコ良く、子どもながらに憧れたものだ。 

だがワンダーウーマンは、やがて女性の首相が誕生するような時代になっても大スクリーンに登場しなかった。最先端であるはずのハリウッドは、女性のスーパーヒーローを主人公に据えた映画を製作することはビジネス上のリスクだと感じていたのである。しかし、今年に入り生誕75周年を迎えるワンダーウーマンの映画撮影がついに開始された。気が遠くなるような待ち時間を経ての映画化がついに始動したのである。

先日どこかで読んだのだが、現在マーベルとDCコミックの男性と女性コミックヒーローの割合を比較するとヒーロー3対ヒロイン1なのだという。これはコミックが生まれた当時から、男性をターゲットにして描かれた作品が殆どで、コミックに出てくる女性といえば、胸がやたらとデカくセックスアピールむんむんで、一歩間違えば夜の街角で仕事をする女性のような格好をしたキャラが多く、これでは女性リーダーが引いてしまうのは当たり前といった描写が多かった。女性の指示なしに強力なスーパーヒロインは成り立たないのだ。

そんな状況が大きく好転し始めたのが去年から今年にかけてのことだ。例えばマーベル・コミックの女性ヒーロー「ミス・マーベル」には、これまで胸がこぼれんばかりのコスチュームを着せていた。しかし、そのコスチュームを2014年から新装して、身体に密着しない長袖のミニ・ドレスという、スーパーヒロインにしてはいたって保守的で、女性も好感を抱けるようなルックスに描き変えた。そして女子パワー全開に向けての最大の改革は、もっと数多くの女性コミックアーティストを起用したことだ。女性の立ち位置から描いたスーパーヒロインは、男性の描くそれとはかなり違うものになり、女性も共感しやすくなることは容易に想像がつく。

ちなみに映画『ワンダーウーマン』は、TV時代のティアラ(=お姫さま“冠”)ではなくゴールドのヘッドバンドを着けている。現代の女性たちにとってティアラに象徴されるお姫さま願望はバカげているのだ。セクシーだが品が良く、美しいがカッコいい。これが新ワンダーウーマンである。

ハリウッドでいま女性スーパーヒーローがホットだというのは、一時的な流行などではない。これからますます本格化していくハリウッド映画界「女子革命」は、まだ始まったばかりなのである。

最終更新:8月20日(土)15時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。