ここから本文です

天王山第1Rはソフトバンク完勝 和田が救った!圧巻8回0封13勝

デイリースポーツ 8月20日(土)6時2分配信

 「日本ハム0-3ソフトバンク」(19日、札幌ドーム)

 敵地でのヒーローインタビューでソフトバンク・和田毅投手は言い切った。「自分たちがここまでやってきた道のりがあるからこそ、首位攻防戦になっている。絶対に勝てると信じてマウンドに上がった」。狙い通りの仕事で今季13勝目、日本球界120勝目をマーク。勝利の立役者は満足そうに笑った。

 試合前、2位・日本ハムとは勝率わずか1厘差。絶対に負けられない、敵地での天王山で快投を見せた。8回を被安打4、9奪三振で無失点。得点圏に走者を背負ったのは七回の一度だけだ。「いい結果が出てよかった」とうなずいた。

 真っすぐがさえた。この試合まで被打率5割超えと相性の悪かった大谷も、真っすぐを軸にスライダーを織りまぜ、3打数1安打。バッテリーを組んだ細川も「緩急をつけられたし、本当によかった」と和田の投球をたたえた。

 ベテランらしい巧みな調整があった。前回12日のロッテ戦では今季最多の134球を投じた。そのため登板間のウエートトレーニングを通常より減らした。和田は「疲労を取ることを最優先した」。冷静に自分の状態を見極め結果につなげた。

 首位攻防の初戦を制して連敗も3で止めた。工藤監督も「何と言っても和田君の気迫の投球がチームにいい影響を与えた。素晴らしいゲーム」と絶賛だ。早ければ21日、ソフトバンクに待望の優勝マジックナンバーが点灯する。

最終更新:8月20日(土)7時17分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]