ここから本文です

【陸上】男子50キロ競歩・荒井広宙3位でゴールも失格 日本競歩初のメダルは幻に

東スポWeb 8月20日(土)2時36分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ19日発】陸上の男子50キロ競歩で昨年の世界選手権4位の荒井広宙(28=自衛隊体育学校)が3時間41分24秒の3位でゴールしたが、レース後に他選手を妨害したとして、まさかの失格となった。日本競歩初のメダル獲得は幻と化した。

 ラスト1周となった49キロ過ぎ。荒井は競り合っていたエバン・ダンフィー(カナダ)を抜き去る際に右肩付近が接触。相手がバランスを崩してよろけると、そのままダンフィーを突き放した荒井が3着でゴールし、ダンフィーは4着。レース後、カナダ側が抗議した。

 その後、陸上の日本チームは荒井の失格処分を不服とし、抗議の手続きを取ったことを明らかにした。

最終更新:8月20日(土)2時36分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]