ここから本文です

新体操個人総合 孫延在が5位で決勝進出

聯合ニュース 8月20日(土)10時16分配信

【リオデジャネイロ聯合ニュース】リオデジャネイロ五輪第15日の19日、新体操個人総合の予選が行われ、韓国の孫延在(ソン・ヨンジェ)は5位で決勝に進出した。

 新体操の個人総合は「ボール」「フープ」「リボン」「クラブ」の4種目の合計得点で競い、予選で上位10位以内に入れば決勝に進む。

 孫はボール(18.266点)、フープ(17.466点)、リボン(17.866点)、クラブ(18.358点)の合計71.956点を記録した。決勝進出は4年前のロンドンに続き、2大会連続。

 個人総合での得点は今シーズン記録した自己ベストに比べれば、2.944点低い。孫のミスもあったが、何より厳しい採点が影響した。公平性と客観性を強調する五輪舞台だけあって、今大会は厳しい採点が行われている。

 孫はクラブでミスのない演技を披露したが、18.358点にとどまった。ミスが出たフープやリボンでは容赦なく減点を受けた。

 孫は「今日はミスがあったが、後悔なくベストを尽くすことができてうれしい」と話した。また、厳しい採点については「点数を見ないようにしたのでよく分からない。もう点数は関係がない。これまで努力してきたものを見せる機会になることを望む」と答えた。

 韓国が初めてメダル獲得を狙う新体操個人総合の決勝は、日本時間の21日午前3時半に始まる。

最終更新:8月20日(土)10時23分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]