ここから本文です

大谷決死二盗も…日本ハム首位獲り失敗 マイナス0・5差から0・5差に後退

デイリースポーツ 8月20日(土)6時2分配信

 「日本ハム0-3ソフトバンク」(19日、札幌ドーム)

 九回2死三塁。日本ハム・中田翔内野手のバットが空を切ると、ファイターズファンで埋まったスタンドから大きなため息が漏れた。首位攻防第1ラウンド。和田、サファテの完封リレーに屈し、今季初の首位獲りに失敗した。

 ゲーム差はマイナス0・5差から0・5差に変わり、連勝も5でストップ。栗山監督は「和田は良かったけど、良かったからって終わってしまったらいけない時期。もう少し早い回になんとか…」と唇をかみ締めた。

 天王山初戦でも野手・大谷は期待通り、快音を響かせた。3点を追う七回。和田の直球を鋭いライナーで中前へはじき返し、6試合連続安打。1死後、田中賢の初球には二盗に成功。「いけたらいこうと思った。そんなにマークされてなかったので」。今季7個目の盗塁を決めてチャンス拡大も、後続が倒れて無得点。二刀流はうつむき加減でベンチへと下がった。

 直接対決初戦を落としたが、残り2試合に連勝すれば首位に立つ。大谷は「あした、あさって取れればいい」と前を向き、連勝へ諦めない姿勢をみせた。栗山監督も「動けるところは動いていく」とリーグトップの機動力を駆使することを宣言。必ず本拠地で鷹をとらえてみせる。

最終更新:8月20日(土)6時46分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。