ここから本文です

台風10号が発生 23日にも沖縄接近

琉球新報 8月20日(土)10時17分配信

 気象庁によると、19日午後9時、八丈島近海の熱帯低気圧が台風10号に変わった。台風10号は勢力を強めながら西に時速20キロで進んでおり、23日以降沖縄地方に接近する恐れがある。沖縄気象台は進路に警戒するよう呼び掛けている。


 台風10号は、19日午後9時現在、中心気圧994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。北側220キロ、南側に170キロは風速15メートル以上の強風域となっている。20日以降は進路を南西寄りに変え、沖縄地方に向かう恐れがあるという。

琉球新報社

最終更新:8月20日(土)10時17分

琉球新報