ここから本文です

阪神・中谷、初3番弾!初G戦弾! 金本監督の抜てきに一発回答

デイリースポーツ 8月20日(土)6時2分配信

 「巨人6-3阪神」(19日、東京ドーム)

 虎の未来を明るく照らす一撃も、勝利を導くことはできなかった。プロ初の3番に抜てきされた阪神・中谷将大外野手(23)が2点を追う五回に同点3号2ラン。宿敵に傾いていた流れを一振りで引き寄せたが、痛恨の3連敗。泣き顔は見飽きた。心の底からの笑顔を見せてくれ。

【写真】「3番・中堅」の期待に応える一発

 鮮やかな放物線が黄色く染まる左翼スタンドへ突き刺さる。中谷がプロ入り初の3番スタメン起用に応えた。一時同点となった一発は、敗北を喫したゲームの中で次戦へつながるかすかな光。外野の定位置を狙う若虎が猛アピールだ。

 「同じことを繰り返していたので、なんとか前に飛ばそうと思って打席に入りました」

 巨人の先発・田口とは今季5打数4安打と好相性で、17日・広島戦に続くスタメン抜てき。だが1、2打席はいずれも変化球を捉え切れず、連続で空振り三振を喫していた。「低めを振らされないように、ゾーンを上げて打ちにいきました」。反省を生かすことができた。

 1-3の五回1死一塁。左腕が投じた138キロ直球は、懐に食い込んでくるクロスファイア。軸回転で回る体に両腕が絡み、ボールをバットに乗せた。8月3日・DeNA戦(横浜)以来、巨人戦初本塁打となる3号2ラン。金本監督は「少ないチャンスというか。彼自身が、そうやってあそこで打てるわけだから」と、先発起用に満点の一発で応えた愛弟子を褒め称えた。

 「自分のことをしっかりやるだけです」

 昨年1月。93年生まれの同級生・江越の阪神入団も、中谷は平常心を貫いた。しかし、高いポテンシャルを誇る背番号25は4月早々にプロデビュー。一方、高卒5年目の背番号60は鳴尾浜で奮闘していた。

 お互いの地元が九州ということもあり、プライベートでは同じ時間を過ごすことが多かった2人。だが、白球を追いかける場所は鳴尾浜と甲子園。近いようで遠かった。「刺激になります」。徐々に語気が強まっていった。

 昨年、2軍打撃コーチを務めていた浜中打撃コーチは「(江越とは)刺激し合う仲だから。(スタメンの)チャンスだったし、気合が入ってたよね」と、この日の一発を称賛した。3連敗と沈むチームの中で、し烈な競争は繰り広げられている。次こそは、勝ちにつながるホームランを。がむしゃらに戦う熱い虎戦士たちの姿を、ファンは待ち望んでいる。

最終更新:8月20日(土)7時50分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]