ここから本文です

テコンドー女子で金 ゴルフ女子も首位維持=リオ第15日

聯合ニュース 8月20日(土)11時12分配信

【リオデジャネイロ聯合ニュース】リオデジャネイロ五輪第15日の19日、テコンドー女子67キロ級の呉慧悧(オ・ヘリ)が金メダルを獲得した。

呉は決勝でフランスのアビ・ニアレと対戦し、13-12で競り勝った。今大会、韓国勢8個目の金メダルとなる。女子67キロ級は、テコンドーが五輪正式競技になった2000年シドニー大会から5大会連続のメダル獲得となった。

 新体操個人総合の予選では、孫延在(ソン・ヨンジェ)が5位で決勝に進出した。

 新体操の個人総合は「ボール」「フープ」「リボン」「クラブ」の4種目の合計得点で競い、予選で上位10位以内に入れば決勝に進む。

 孫はボール(18.266点)、フープ(17.466点)、リボン(17.866点)、クラブ(18.358点)の合計71.956点を記録した。決勝進出は4年前のロンドンに続き、2大会連続。

 孫は「今日はミスがあったが、後悔なくベストを尽くすことができてうれしい」と話した。

 韓国が初めてメダル獲得を狙う新体操個人総合の決勝は、日本時間の21日午前3時半に始まる。

 一方、ゴルフ女子は第3ラウンドが行われ、首位でスタートした朴仁妃(パク・インビ)が6バーディー、5ボギーの70で回り、2位に2打差の通算11アンダーでトップを守った。金メダル獲得を目指し20日の最終ラウンドに臨む。

 2位は8番でホールインワンを達成するなど65で回ったリディア・コ(ニュージーランド)とジェリーナ・ピラー(米国)。韓国の梁熙英(ヤン・ヒヨン)と田仁智(チョン・インジ)はともに通算5アンダーで5位タイにつけている。

 韓国は20日午前11時現在(日本時間)、金メダル8個、銀メダル3個、銅メダル8個で、国・地域別11位。

最終更新:8月20日(土)11時23分

聯合ニュース