ここから本文です

“資生堂パーラー機内店”、発想はJAL社長の「父・片岡千恵蔵との思い出」

レスポンス 8月20日(土)18時20分配信

成田、中部、関空から発つホノルル行き日本航空(JAL)便で9月から始まる「資生堂パーラー For Resort」。JALは、資生堂パーラーが監修したこの新たな機内食をプレミアムエコノミーとエコノミーで展開し、競合に差をつける。

[関連写真]

エコノミークラスにこうしたアップグレード版の機内食を導入するJAL。こうしたコラボについて植木義晴社長は「JALが目指すフルサービスの一環」と伝え、今回の資生堂パーラーと組んだ経緯について、父親との思い出を語った。植木社長の父、植木正義氏は、あの片岡千恵蔵。阪東妻三郎や市川右太衛門らと並ぶ“時代劇六大スタア”のひとりだ。

「子供のころ、父と京都から上京したとき、必ず連れていってもらった。父の大好物は、ポタージュスープとハヤシライスだった。『ここのハヤシライスが世界一おいしいんだ』と言っていたのを想い出す。もう半世紀の付き合い。ホノルル線は、子どもから年配まで広い層に利用されている路線。多くのファンを持つ資生堂パーラーのメニューをぜひと、JAL側からお願いした」

構想から半年かけて実現した“JAL機内の資生堂パーラー”で、他社と差をつける。たとえば成田(NRT)―ホノルル(HNL)は、所要時間8時間弱、片道正規7万円台からで、日本航空(JAL)をはじめ、全日空(ANA)、ハワイアン航空(HAL)、ユナイテッド航空(UAL)、アメリカン航空(AAL)、デルタ航空(DAL)、チャイナエアライン(CAL)、大韓航空(KAL)などが飛んでいる。

同社は「競合が多く飛んでいる路線。JALを選んでもらえるよう、こうしたサービス拡充を重ねていく」と話していた。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:8月21日(日)9時3分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]