ここから本文です

中島健人、武井咲らが真夏の夜を震えさす!「ほんとにあった怖い話」今夜

cinemacafe.net 8月20日(土)17時15分配信

本当に起こったといわれる“学校の怪談”などをドラマ化、フジテレビ系で毎年夏に放送されている「ほん怖」が今年も「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016」と題して8月20日(土)今夜、豪華キャストを迎えて放送される。

【画像】「ほんとにあった怖い話 夏の特別編 2016」前田敦子

「ほん怖」は金曜エンタテイメント枠で放送されたスペシャル版の後、連続ドラマ化を経て、10年程前から毎年夏に「夏の特別編」が放送されてきた長寿シリーズ。

今回も「SMAP」の稲垣吾郎と“ほん怖クラブ”の子どもたちが“ほんとにあった怖い話”の心霊研究を行う。今回研究は6本の“怖い話”が紹介される。

1本目は武井咲主演の「病棟に棲む五円玉」。ようやく正規の看護師として病院で働きはじめた武井さん演じる亜由美は勤務中に不可解な音が聞こえるなどの体験をする。ある日、ひとりの小学生の女の子、麻友(豊嶋花)が入院。少女は一心にスケッチブックに病院の見取り図を描いていた。そしてある部屋をさして一言「死ぬ」とつぶやく。一体何が起きようとしているのか…。2011年夏以来5年ぶりの「ほん怖」出演となる武井さんの看護師スタイルも必見だ。

2本目は「Sexy zone」の中島健人主演の「押し入れが怖い」。美容師への夢を諦めきれずサラリーマンを辞めて上京した中島さん演じる幹也が、先に上京していた友人の義之(前野朋哉)のすすめである安アパートに住み始めるが、ある日閉めたはずの押し入れが3分の1ほど開いていることに気付く。そして押し入れから聞こえてきたのはなんと少年の声。この恐怖に幹也はどう立ち向かうのか…。「恐怖の撮影期間になるかと思ったら本当に楽しい3日間でした」という中島さん。ホラー初挑戦の中島さんの奮闘にも注目。

3本目は生駒里奈、生田絵梨花、齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬ら「乃木坂46」のメンバーによる「もう1人のエレベーター」。生駒さん演じる上崎亜矢奈が骨折で入院中ということで、生田さん、齋藤さん、白石さん、西野さん演じる仲良し4人が病院へお見舞いにやってくる。入院中に怖い体験はしていないと話す亜矢奈に、4人はほっとするがそれもつかの間。病院の霊安室に続くエレベーターで彼女たちは思いも寄らない恐怖を味わうことになる…。

4本目はバカリズム主演「呪いの絵馬」。バカリズムさん演じる小島洋介はある日飲み会で取引先の女性社員、千鶴(吉本実憂)から絵馬をもらうが、千鶴はその後取引先を辞め、洋介の会社内でも不可思議なことが次々と起きる。絵馬による呪いなのか…。「まさか自分がこのシリーズにキャスティングされるとは」と語っていたバカリズムさん。「できるかぎりリアルに演じることを心がけた」というその演技に注目。

5本目は前田敦子さん主演の「夏の知らせ」。前田さん演じる萩原朋子は父親、晴彦(鹿賀丈史)の反対を押し切って上京、希望の仕事につくも7年たった今も思うようにはいかず、父とも疎遠になってしまった。関係を修復する前に父は他界、きっと自分のことを今も許していないはずと思っていたある日、朋子は父の存在をすぐそばに感じる。朋子は自分を呪って出てきたに違いないと思っていたが…というストーリーで、父の愛がテーマの“泣ける”ホラーになっている。

そして6本目は柳葉敏郎主演の「誘う沼」。柳葉さん演じる高松明憲は息子、娘と共に山の貸別荘に遊びにやってきた。2年前突然妻に先立たれた明憲は喪失感からまだ立ち直れていなかったが、深夜眠っていると女の声のようなものを耳にする。目を覚まし窓から外を見た明憲の目に女の人影が。妻が会いに来てくれたと思う明憲だったが…。亡き妻への思いを抱えながら子どもたちと共に貸別荘にやってきた男性の恐怖体験が描かれる。

映像を見た子どもたちの感想とそれに対する稲垣さんの反応も含め、目が離せない「ほん怖」。まだまだ暑さが続く夏の夜、ホラーで涼しくなってはいかが。

「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2016」は8月20日(土) 21時~フジテレビ系で放送。

最終更新:8月20日(土)17時15分

cinemacafe.net