ここから本文です

福田真未“お宝”見つかって3位発進 女優・森口瑶子似と噂の美人プロ

デイリースポーツ 8月20日(土)6時3分配信

 「女子ゴルフ・CATレディース・第1日」(19日、大箱根CC=パー72)

 女子プロ通の間で、女優の森口瑶子似とささやかれている福田真未(24)=えんホールディングス=が首位と1打差の4アンダー、3位タイでスタートした。

 「実は朝イチのティーショットを打つ前、も~、自分でもどういう格好してたのか恥ずかしいんですけど、ドライバーのグリップが左耳に当たって『痛っ』って思った瞬間、ピアスが落ちたんですよ」という。

 ギャラリーに囲まれているので慌てるわけにもいかない。とりあえずはナイスショットを放ち、ティーペグを拾いながら“ピアス捜索”。だが見つからず、誰かが見つけてくれと思って歩き出した。そのホールを含め、5番までに3バーディーを奪い、いい感じでプレーを続けていた。すると…。「8番でなんだかおなかのあたりに違和感があって。触ってみたらシャツの中にいたんです、ピアスちゃん」

 胸元から潜入していたと思われる愛用ピアスは、2014年のシーズン終了後、「初シード入りの記念というか、自分へのご褒美に買った大事なものなんです」。ルイ・ヴィトンのブランドもの。「自分で買ったアクセサリーで過去最高額(推定7万円)です」とか。久々上位の1打差3位発進。お宝が見つかって、ツアー初Vへのカギも見つかったかも!?

最終更新:8月20日(土)6時53分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]