ここから本文です

(Media Times)テロ容疑者、どう報じるか 仏メディア、氏名・写真やめる動き

朝日新聞デジタル 8月20日(土)11時30分配信 (有料記事)

 テロ事件が相次いでいるフランスで、容疑者の写真や名前の報道をやめるメディアが相次いでいる。プロパガンダの映像や宣伝文句を取り上げる際に十分な注意をはらうことに加えての対応だ。一方で、写真などの掲載の重要性を改めて表明したメディアもある。

 「テロリストの軌跡や人物像は伝えるが、顔は出さないことにします」。ニュース専門局BFMテレビの社内に7月27日、こんなメールが流れた。
 7月中旬の仏南部ニースのトラック突入テロの後、仏北西部で教会が襲われた翌日だった。モアメド・ラウエジュ・ブレル容疑者(31)をめぐって、ジムで鍛えたという筋肉を見せつけるような姿や、犯行現場の下見に出かけて笑顔をみせたとされる携帯電話に残った写真などが報じられていた。……本文:2,605文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月20日(土)11時30分

朝日新聞デジタル