ここから本文です

【予告編】クリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェットら美女6人と競演…『聖杯たちの騎士』

cinemacafe.net 8月20日(土)18時0分配信

40年間にわずか6本という寡作ながら、名だたる大俳優たちが出演を熱望するテレンス・マリック監督。彼の約3年ぶりとなる最新作『聖杯たちの騎士』(原題:Knight of Cups)の日本公開が、12月23日(金)に決定し、主演のクリスチャン・ベイルに、ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポートマンら6人の美女たちが競演する予告編映像が解禁となった。

【画像】クリスチャン・ベイル

気鋭の脚本家リック(クリスチャン・ベイル)は、ハリウッド映画の脚本依頼を請けたことをきっかけにセレブな生活へ溺れていくが、心の奥底にある怯えや虚無感を拭い切れず、進むべき道を探して彷徨う日々を送っていた。そんな彼の前に現れる、6人の美しい女性たち。リックは彼女たちとの愛の記憶の中で、自分の過去と向き合い始めるーー。

『天国の日々』でカンヌ国際映画祭監督賞、『シン・レッド・ライン』でベルリン国際映画祭金熊賞、そしてブラット・ピット、ショーン・ペンらが競演した『ツリー・オブ・ライフ』でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞したテレンス・マリックの最新作となる本作。

その主演に選ばれたのは、『ザ・ファイター』でアカデミー賞助演男優賞を受賞し、『ダークナイト』3部作や『マネー・ショート 華麗なる大逆転』などで知られる演技派クリスチャン・ベイル。ハリウッド作品に抜擢された脚本家として注目を集めながらも、自分の進むべき道を探して彷徨うリックを、持ち前の哀愁と聡明さで繊細に演じ上げる。

そんな迷える男リックの前に現れ、人生の節目を与える美女には、『ブルージャスミン』『キャロル』のケイト・ブランシェット、『ブラック・スワン』のナタリー・ポートマンと、アカデミー賞俳優による夢のような豪華競演が実現。そのほか、『マイ・ファニー・レディ』のイモージェン・プーツ、『スラムドッグ・ミリオネア』のフリーダ・ピント、『ウォーム・ボディーズ』『ライト/オフ』のテリーサ・パーマー、『トランスフォーマー/リベンジ』『パーフェクト・ルーム』のイザベル・ルーカスと注目の若手女優たちがそろう。

さらに撮影監督を務めるのは、マリック監督と長年タッグを組みながら、『ゼロ・グラビティ』(アルフォンソ・キュアロン監督)、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『レヴェナント:蘇えりし者』(ともにアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督)で3年連続アカデミー撮影賞を受賞したエマニュエル・ルベツキ。彼が映し出した、ベイルと妖艶な6人の美女が交差する超絶映像を、予告編からも確かめてみて。


『聖杯たちの騎士』は12月23日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。

最終更新:8月20日(土)18時0分

cinemacafe.net