ここから本文です

(この世界で)転向組、次代を開く アンゲラ・ハンナ リオ五輪

朝日新聞デジタル 8月20日(土)16時0分配信 (有料記事)

 ■アンゲラ・ハンナ(英国・カヌー)
 リオデジャネイロの日差しが照りつけたロドリゴデフレイタス湖。カヌー女子スプリントのカヤックペア500メートル順位決定戦で、アンゲラ・ハンナ(30)は相方と呼吸を合わせてパドルをこぎまくった。
 英国チームは出遅れた。課題としていたスタートでミス。序盤の遅れを取り戻せず、最下位に終わった。「自分たちの実力はもっとあるはずなのに……。がっかりした」。ハンナは残念そうに振り返った。
 ハンナがカヌーを始めたのは21歳。英国が進める他競技からの転向プログラム「ガールズ・フォー・ゴールド」がきっかけだった。……本文:1,409文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月20日(土)16時0分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]