ここから本文です

デビッド・ボウイさん「地球に落ちて来た男」サントラ、40年越しのリリース

映画.com 8月20日(土)18時30分配信

 [映画.com ニュース] 今年1月に死去したデビッド・ボウイさんの初主演映画「地球に落ちて来た男」のサウンドトラックが、1976年の映画公開から40年の時を経て初リリースされる。

 ウォルター・テビスの同名SF小説をニコラス・ローグ監督が映画化した本作は、ボウイさんが異星人トーマス・ジェローム・ニュートン役で独特の存在感を放ち、カルト的な人気を誇る。ボウイさんの公式Facebookでは、「紛失したと思われていたマスターテープが先頃発見されたため」、40年越しでオリジナルの音源が世に送り出されるとこになったと説明している。

 2枚組みのCDには、ママス&パパスのジョン・フィリップスと日本人のパーカショニスト、ツトム・ヤマシタが手がけた楽曲を中心に、ルイ・アームストロングやキングストン・トリオのナンバーも収録される。CD2枚とLP2枚で構成されるデラックスボックスには、オリジナルUKポスターの復刻が付属。48ページのハードカバー本には、貴重な写真が掲載されているほか、編集を担当したグレイム・クリフォードが編集作業中にピンク・フロイドの「狂気(Dark Side of The Moon)」を仮のサントラとして使用していたことを明かしているという。

 米国では公開40周年記念として4K版が9月9日(現地時間)から上映され、2枚組みCDも同日リリースされる。デラックスボックスは11月18日発売。ビルボード・ジャパンによれば、日本盤は両バージョンとも11月リリース予定だという。なお、「地球に落ちて来た男」はボウイさんの追悼企画としてリバイバル上映中だ。

 CD収録曲は以下の通り。

<CD1>
1.ツトム・ヤマシタ「Poker Dice」
2.ルイ・アームストロング「Blueberry Hill」
3.ジョン・フィリップス「Jazz II」
4.ボーンマス・シンフォニー・オーケストラ「Venus: The Bringer of Peace」
5.ジョン・フィリップス「Boys From the South」
6.ツトム・ヤマシタ「33 1/3」
7.ジョン・フィリップス「Rhumba Boogie」
8.キングストン・トリオ「Try to Remember」
9.ツトム・ヤマシタ「Mandala」
10.ジョン・フィリップス「America」
11.ツトム・ヤマシタ「Wind Words」
12.ジョン・フィリップス「Jazz」

<CD2>
1.ツトム・ヤマシタ「One Way」
2.ジョン・フィリップス「Space Capsule」
3.ジョン・フィリップス「Bluegrass Breakdown」
4.ジョン・フィリップス「Desert Shack」
5.ツトム・ヤマシタ「Memory of Hiroshima」
6.ジョン・フィリップス「Window」
7.ジョン・フィリップス「Alberto」
8.ボーンマス・シンフォニー・オーケストラ「Mars: The Bringer of War (Excerpt)」
9.ジョン・フィリップス「Liar, Liar」
10.ジョン・フィリップス「Hello Mary Lou」
11.ロバート・ファルノン「Silent Night」
12.ジュヌビエーブ・ウエイト「Love Is Coming Back」
13.ジョン・フィリップス「The Man Who Fell to Earth (Demo)」

最終更新:8月20日(土)18時30分

映画.com