ここから本文です

℃―ute解散を電撃発表!「初めて5人の気持ちが一致」

東スポWeb 8月20日(土)6時0分配信

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「℃―ute」(リーダー・矢島舞美=24、中島早貴=22、鈴木愛理=22、岡井千聖=22、萩原舞=20)が来年6月、春ツアー終了をもって解散することが19日、分かった。

 5人のメンバーが取材に応じ、解散を決めた経緯やこのタイミングで発表した理由などを明かした。

 グループは2005年6月に結成。「卒業と加入」システムのない女性アイドルグループとしては異例の10年以上の活動を続け、「アイドルが一番あこがれるアイドルグループ」とまで評され、絶頂期を迎えた中での電撃発表となった。

 解散への話し合いが始まったのは今年2月。矢島は「私たちも全員が成人となり、将来について話し合いになりました」と明かす。これまでもグループを辞める時期について何度も話し合いがあったが、5人の気持ちが一致することはなかった。それが初めて「5人の気持ちが一致した」(岡井)という。

 そんな中、グループが目標に掲げていた来年6月の「さいたまスーパーアリーナ公演」が決定。これを受けて事務所との話し合いが始まった。

 このタイミングでの発表も「毎年9月10日にファンクラブイベント『℃―uteの日』(今年は9月5日にも開催)を行っているが、結果的に今年が最後。解散を伝えないまま最後のイベントを開催するのは心苦しい部分もあり、どうしてもファンにお伝えしたかった」と矢島は明かした。

 グループとしての時間を大切にするため、冬のハロプログループコンサートツアーにも参加しないことも併せて発表。

 センターの鈴木は「アイドルとしては15年間の人生を費やしてきたので、これから個々の道に入るってなった時に、私たちの中にも不安と希望が混じっている。どうなるんだろうなという気持ちもある。来年6月にさいたまスーパーアリーナに立てることが決まったので、そこまではアイドルの長年選手として、アイドルとして突き通して、キュートの集大成を最大限できるところまで、5人でステージできたらいい」と宣言。

 20日、東京・中野サンプラザで行われるハロコンで5人の思いが語られる。

最終更新:8月20日(土)6時10分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。