ここから本文です

ジャック・ライアン役は5人目!10エピソード製作

シネマトゥデイ 8月20日(土)22時0分配信

 Amazonがテレビドラマ化を企画していたジャック・ライアン・シリーズは、10エピソードで製作されることがテレビ批評家協会(TCA)の夏のプレスツアーで正式に発表された。

【動画】4代目ジャック・ライアンを演じたクリス・パイン版映画『エージェント:ライアン』

 全盛期のCIAアナリスト/諜報員ジャック・ライアンを演じるのは、テレビドラマ「ザ・オフィス」でジム・ハルパートを演じたジョン・クラシンスキー。彼はテロリストによる通信に一種のパターンがあることに気付いたことで、世界的な規模のテロ策略の中心に引きずり込まれるという。

 Deadlineなどによると、Amazonスタジオのロイ・プライスは「テレビドラマ『トム・クランシーズ・ジャック・ライアン(原題) / Tom Clancy’s Jack Ryan』がAmazonのオリジナルドラマに加わることをうれしく思う」とコメント。もとのシリーズと同じようにアクション満載のドラマになる予定で、プライム・ビデオの質をさらに高める作品になるだろうと言っている。

 ジャックを演じる俳優はジョンで5人目。映画版ではこれまでアレック・ボールドウィン、ハリソン・フォード、ベン・アフレック、クリス・パインが同役を務めてきた。(澤田理沙)

最終更新:8月20日(土)22時0分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。