ここから本文です

西尾維新“戯言シリーズ”アニメ化第一弾、「クビキリサイクル」がOVA全8巻で発売決定!

ねとらぼ 8月20日(土)13時29分配信

 5月6日にアニメ化が発表されていた西尾維新さんの“戯言シリーズ”ですが、その第一弾として、デビュー作「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」のOVAによる映像化が発表されました。同作のブルーレイ&DVD第1巻は10月26日に発売。以降、毎月発売され全8巻となります。

【中二病のココロを刺激するネーミングセンスはさすがの西尾維新】

 「クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い」は、2002年に刊行された西尾さんのデビュー作で、第23回メフィスト賞を受賞。当時、西尾さんは若き天才として脚光を浴び、「京都の二十歳、西尾維新」というキャッチコピーも強く印象に残っています。

 この作品から始まる“戯言シリーズ”には、魅力的なキャラクターが数多く登場し、それぞれに“二つ名”が付いています。例えば、同作主人公の「ぼく(あーちゃん)」の二つ名は「戯言遣い」、ヒロインの玖渚友は「死線の蒼(デッドブルー)」、そのほか、哀川潤=「人類最強の請負人」、零崎人識=「人間失格」……など、中二病のココロをおおいに刺激してくれるネーミングセンスです。恐るべし西尾維新。

 今回のこの発表に伴い、8月19日に全国ロードショーとなった「傷物語〈II熱血篇〉」の公開劇場で、「クビキリサイクル」の限定映像を8月26日まで公開。限定映像では、キャラクターのアニメーションやボイスが初解禁されたほか、アニメ「〈物語〉シリーズ」でおなじみのシャフトが同作でも製作を担当することが明かされました。

 このニュースに対してネットでは歓迎の声多数。「熱血編の上映前にクビキリサイクルの限定映像が見れるだと?! 何回でも見に行くぞ玖渚ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」「クビキリサイクル映像化かよ激アツ」といったストレートな喜びの声のほか、「クビキリサイクルとかいう厨二病のバイブルみたいな本の話はやめよう。やめてよ!」といった屈折した喜びの声も。さらに、「よくよく考えたらクビキリサイクルを8分割するのか 傷みたいになりそう」との指摘もありました。

 公開された公式サイトは「言葉が無限にサイクルする」というコンセプトになっていて、サイトトップで螺旋のように中心から外側へ回転する各文章をタップすると、作中のセリフを戯言(=ツイート)できます。

最終更新:8月20日(土)13時29分

ねとらぼ