ここから本文です

【バドミントン】タカマツ快挙!「伊調魂」で勝ち取った金メダル

東スポWeb 8月20日(土)10時4分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ18日(日本時間19日)発】ようやくこの時が訪れた! バドミントン女子ダブルス決勝で世界ランキング1位の“タカマツ”こと高橋礼華(26)、松友美佐紀(24=ともに日本ユニシス)組は、世界6位のカミラ・リターユヒル、クリスティナ・ペデルセン組(デンマーク)に大逆転で2―1で勝利し、日本勢初の金メダルに輝いた。高校時代にコンビを結成してから10年目。日本バドミントン界初の大快挙を成し遂げた。

“タカマツ”が崖っ縁から息を吹き返した。第3ゲームの終盤、大事な局面で16―19と3点差を付けられた。2人の頭には「敗北」の2文字もよぎったが、すぐに気持ちを切り替えると、そこから怒とうの5連続ポイント。劇的な逆転勝利に松友は何度もガッツポーズを繰り出し、高橋は両手を握り締めたままコートに倒れ込んだ。

 世界1位コンビを救ったのは“伊調魂”だった。高橋は「一瞬はここで負けるのかと思ったけど、前の日に伊調(馨=32、ALSOK)さんの試合をテレビで見ていた。ここからでも逆転はあるなと思って、すぐに切り替えられた」。17日に残り4秒から逆転し、女子選手初の五輪4連覇を達成したレスリング女王の奮闘が大逆襲のきっかけになったという。

 待望の金メダルを獲得した高橋は「女子ダブルスを引っ張ってくれた先輩方に感謝している」と語る。「オグシオさんとは高校生のときに(全日本選手権で)ボコボコにされて、自分たちもああいうふうになりたいと思った。スエマエさんが北京で世界ランク1位に勝って、フジカキペアがロンドンで銀メダル取って自分たち勝てるかもしれないと思った」としみじみ振り返った。

「オグシオ」は小椋久美子(33)と潮田玲子(32)、「スエマエ」は末綱聡子さん(35)と前田美順(30=再春館製薬所)、「フジカキ」は藤井瑞希(28)と垣岩令佳(27=再春館製薬所)。いずれも世界で活躍した名コンビだが、特に潮田は2人をかわいがっていたという。日本ユニシスの平山優コーチ(31)は「面倒見が良い人で、本当にいろいろなことを2人に教えてくれたりしていた」と明かした。

 潮田が2010年4月に三洋電機から日本ユニシスに移籍すると、後輩のタカマツコンビを公私にわたってサポート。練習はもちろん食事も頻繁に共にして、プレー面でのアドバイスや国際大会での経験を伝え、今回の快挙につながった。「潮田さんは世界を舞台に戦ってきた方。そうしたことも2人の成長の要因の一つになっている」(平山コーチ)

 新たな歴史を刻んだタカマツコンビ。声援を送り続けた松友の父・伸二さんは「小学生のころ(地元)四国放送のインタビューで将来の夢を聞かれて『五輪のメダルを取りたい』と言っていたのを思い出して泣いてしまいました」。高橋の母・智子さんは「前日にLINEしたら『最後まで楽しくプレーできるように頑張る』と返事がきた。小さいころから負けず嫌いで、始めたことは最後までやり通していた」。

 2020年東京五輪では2連覇への期待も膨らむ。高橋は「出たいとは思いますけど、年も年なんで」と笑顔を見せ、松友は「試合内容だったり満足していないので、このままやると思います」と意欲的。闇カジノ騒動など暗い話題もあったバドミントン界を、金メダルコンビが明るく照らし、輝かしい歴史をつくった。

☆たかはし・あやか=1990年4月19日生まれ。奈良・橿原市出身。母の影響でバドミントンを始める。宮城・聖ウルスラ学院英智高時代の2007年秋から松友と組んでダブルスに挑戦。08年には高校選抜、高校総体で優勝した。高校生で出場した同11月の全日本選手権ではベスト4に大躍進し、その後は国際舞台でも活躍。妹の沙也加(24)もバドミントン選手。165センチ、60キロ。

☆まつとも・みさき=1992年2月8日生まれ。徳島・藍住町出身。地元の徳島中を卒業後、聖ウルスラ学院英智高時代に高橋とペア結成。国内で数々の成果を残すと、2014年にヨネックスオープン・ジャパンで日本人初優勝。同9月の仁川アジア大会で44年ぶりとなる決勝進出を果たすと、同10月に日本人初の世界ランキング1位となった。159センチ、50キロ。

最終更新:8月20日(土)10時4分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。