ここから本文です

男子1600mリレーは予選落ち 1組7位でフィニッシュ

デイリースポーツ 8月20日(土)9時24分配信

 「リオ五輪・陸上男子1600mリレー・決勝」(19日、五輪スタジアム)

 1組に登場した日本は、ウォルシュ・ジュリアン、田村朋也、北川貴理、加藤修也の走順で臨んだが、3分02秒95で7着に終わり、各組3着とタイム上位2チームによる決勝進出を逃した。

【写真】予選を走り終えた男子1600mリレーのメンバー

 1走を務めたエース格のウォルシュから2走・田村にバトンが渡った際は6番手だったが、3走・北川は8位でバトンを受けることに。その後も順位を上げることはできず、アンカーの加藤は最下位となる8位でフィニッシュ。トリニダード・トバゴが失格となったため、この組7位となったが、決勝進出はならなかった。

最終更新:8月20日(土)10時10分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。