ここから本文です

ジョン・ボン・ジョヴィとリッチー・サンボラ、Twitterでメッセージ交換

BARKS 8月22日(月)19時50分配信

ジョン・ボン・ジョヴィは5月、リッチー・サンボラとは2013年に彼がバンドを離脱して以来3年間会っていないと話していたが、その関係に劇的とは言えないまでも、いい変化が生じた。

◆ボン・ジョヴィ画像

リッチーと彼のパートナー、オリアンティは木曜日(8月18日)、ボン・ジョヴィのニュー・シングル「This House Is Not For Sale」のリリースを祝し、「@BonJovi、ニュー・シングルおめでとう!」とツイートした上、バンド・メンバーの名を挙げ「ニュー・シングル、おめでとう。グッド・ラック! 上手くいくことを願っている。いい旅を。ビッグ・ラブ」と話す映像を投稿。

これに対し、ジョンはすぐに「@TheRealSambora、リッチーとオリアンティ、ありがとう。君たちのレコードを聴くのも楽しみにしている…幸運をJBJ」とリツイートした。

また、サンボラの代わりにバンドに加入したフィルXも「@TheRealSambora & @Orianthi、ありがとう。先週、@jeffbeckmusicのバックステージで会えてよかった」と返答している。

リユニオンには至らずとも、彼らの交流が復活したことにファンは大喜び。

ボン・ジョヴィの新曲「This House Is Not For Sale」のミュージック・ビデオは、先週終わり公開されて3日も経たず100万回の視聴を突破した。ボン・ジョヴィは同名のニュー・アルバムを10月にリリースする。

Ako Suzuki

最終更新:8月22日(月)19時50分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。