ここから本文です

GHCヘビー級V1戦の杉浦が谷口と丸藤に怒!

東スポWeb 8月20日(土)16時51分配信

 GHCヘビー級王者の杉浦貴(46)が19日、ノアトップ勢を痛烈批判した。初防衛戦(25日、東京・ディファ有明)で迎え撃つマイバッハ谷口(39)には愛妻の“セコンド帯同”を要求。新日本プロレス「G1クライマックス」で優勝を逃しながらIWGPヘビー級王座挑戦が決定的となっている丸藤正道(36)にも、怒りの矛先を向けた。

「ふざけてんのか? マスクを脱いだりかぶったりしやがって。それだけで変わるわけねーだろ。催眠術にでもかかってんじゃねえか。オメーは一生、モジモジしたままだ!」。昨年末に鈴木軍入りし、極悪男に大変身してからはめったにコメントを発しない男がこの日、久々に口を開いた。

 よほど腹が立っているのだろう。出てくる言葉は、25日のV1戦で迎え撃つ谷口を批判するものばかり。特に素顔から再び鉄仮面姿に戻るという謎の行動については手厳しかった。黒いハレンチ王は「金星(美人)の嫁さんがいるんだろ!? 連れて来いよ。格好いい姿を見せてやれよ、ホラ」と挑発的な言葉を投げ付けた。谷口は2012年に元女子プロレスラーの西尾美香さん(34)と結婚していたことを2月に公表。現役時代は極悪マネジャーとして活躍した妻にも出頭を命じ、まとめて葬る狙いだという。

 そしてもう一人、許せない男がいる。丸藤だ。「他団体に出て優勝もできずにノコノコ帰ってきた。今度は他団体のベルトにしっぽを振っている。バカか!」。丸藤はノアの5大会を欠場してG1に出場。優勝こそ逃したが、開幕戦(7月18日、札幌)ではIWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ(28)を撃破する殊勲を挙げている。王者からは次期挑戦者に指名されており、丸藤も応じる構えを見せている。

 しかしノアの至宝を手にする自分に目を向けようとしない態度には、どうにも我慢がならない。「もう帰ってくんな! オメーは二度とこのベルトに挑戦させねえ!」と杉浦。ある意味「正論」のような気もするが、怒り狂う極悪王者の暴走は誰にも止められそうにない。

最終更新:8月20日(土)16時51分

東スポWeb

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。