ここから本文です

箱根駅伝連覇の青学大・原監督がカープにエール「笑顔でゴールテープを切って」

東スポWeb 8月20日(土)18時24分配信

 20日の広島―ヤクルト戦(マツダ)で、青山学院大学を2015年、16年と2年連続で箱根駅伝総合優勝に導いた同大学陸上競技部・原晋監督(49)が始球式のマウンドに上がった。

 目指す“3連覇”にちなみ背番号3のユニフォームに袖を通した原監督は、やまなりながらノーバウンド投球を披露。「夏合宿の合間に練習しましたが、緊張しました」と頭をかいた。

 原監督は広島県三原市出身で幼少期からの赤ヘルファン。「昭和50年の初優勝のラジオを聴いて涙を流した」と振り返り、「箱根駅伝には『上り坂』『下り坂』と『まさか』の3つの坂がある。カープも油断せずに笑顔でゴールテープを切ってほしい」と首位快走中の広島にエールを送っていた。

最終更新:8月21日(日)15時58分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報