ここから本文です

【神宮外苑花火大会】トリを飾った渡辺美里 ド派手ジャケットで熱唱

東スポWeb 8月20日(土)20時22分配信

「2016神宮外苑花火大会」(主催=日刊スポーツ新聞社)が20日、神宮球場で行われた。ライブのトリを飾ったのは歌手の渡辺美里(50)だ。渡辺といえば西武球場で雨の中歌っているイメージを持つファンも多いだろうが、この日は雨上がり直後だった。

 赤いジャケットでステージに現れた渡辺が1曲目に選んだのは「サマータイムブルース」。1990年に発売されたヒットシングルだ。「劇的なお天気の中、お足元の悪い中、たくさんの方に集まっていただきありがとうございます。忘れられない夏の一夜になると思います。オリンピックで毎日、人間ドラマが繰り広げられてます。大事に大事に過ごしたい夏ですね」と観客に語りかけた。

 ライブ中は、小雨が降ったりやんだりを繰り返した。「歌える人も一緒に!」との掛け声で始まったのは、「My Revolution」。86年発売のシングルで小室哲哉(57)作曲の代表曲。会場の盛り上がりも最高潮に。

 最後の曲は「夏が来た!」。「神宮球場に夏が来た!」と渡辺は会場をあおる。曲中に花火のカウントダウンが始まり、花火が打ち上げられた。

最終更新:8月21日(日)15時13分

東スポWeb