ここから本文です

℃-ute ライブで解散をファンに報告 全員が涙で「みんなで出した結論」

デイリースポーツ 8月20日(土)15時40分配信

 来年6月に解散することが明らかになった女性5人組アイドルグループ、℃-uteが20日、東京・中野サンプラザで行われたハロー!プロジェクトの夏公演に登場し、全員が涙を流しながら改めてファンに報告した。

 オープニングでモーニング娘。’16やアンジュルムらと「GOOD BYE 夏男」を歌うと5人が最前列に並び、リーダーの矢島舞美(24)が「本日は皆様に、私たち℃-uteからご報告があります」と切り出した。

 続けて「来年6月に℃-uteが夢に掲げてきたさいたまスーパーアリーナ公演が実現することになりました。そして、その夢だったステージを最後に℃-uteは解散することが決定しました。メンバー全員が20歳以上になったタイミングから、たくさんの話し合いを重ねて、みんなで出した結論です」と説明した。

 岡井千聖(22)も号泣しながら「今年の9月10日が最後の「℃-uteの日」になります。なので、このタイミングで発表させていただきました」と続いた。さらに鈴木愛理(22)が「2005年の結成から、℃-uteを支えてくださった全ての方に心から感謝しています」と声を震わせ、中島早貴(22)が「限られた時間の中で、℃-uteメンバーとして活動をともにして、全国のみなさんに感謝を届けていくため、来年1月からの冬のハロプロコンサートツアーには参加しません」と報告すると、会場からはため息が漏れた。

 メンバーは、解散にともないハロプロからも卒業する。最年少の萩原舞(20)は「いま、ハロー!プロジェクトには頼もしい後輩メンバーがたくさんいます。これからハロプロを守り、引っ張ってくれるといいなと思っています」と期待を寄せた。

 最後に矢島が「来年6月まで℃-uteとして全力で活動していきますので、みなさん付いてきてください」と呼びかけ、深々と頭を下げると、ファン2200人からは温かい拍手が送られた。

 グループは2005年に結成され、07年に「桜チラリ」でメジャーデビュー。同年のレコード大賞最優秀新人賞を獲得し、紅白歌合戦にも出場。海外公演も成功させるなど人気を集めたが、結成12年で終止符を打ち、今後はソロ活動を行っていく。

最終更新:8月20日(土)17時24分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。