ここから本文です

ボクシング 井岡氏、自身の記録更新されず残念 「陸に更新して欲しかった」

デイリースポーツ 8月20日(土)16時46分配信

 「ボクシング・WBO世界ミニマム級王座決定戦」(20日、三田市駒ケ谷運動公園体育館)

 ミニマム級で主要4団体を制覇した元王者で現在同級2位の高山勝成(33)=仲里=が6回58秒、3-0の負傷判定で、同級1位・加納陸(18)=大成=を下し、自身の国内記録を更新する4度目の世界王座返り咲きを果たした。元世界2階級王者・井岡弘樹氏の持つ18歳9カ月10日を6日更新する国内最年少の18歳9カ月4日での世界王座獲得を狙った加納は、記録更新はならなかった。

 井岡氏はリングサイドで試合を見届け、自身の記録が更新されなかったことを残念がった。「(大成ジムの)丸元は(現役時代グリーンツダジムの)直々の後輩ですし、僕の記録を超えることを中学生の頃から目指していたということを聞いてうれしかった。陸に更新して欲しかった。新記録ならボクシング界も盛り上がりますしね」と語った。試合については「上下の打ち分けなどキャリアの差が出た」と高山の巧みな戦術を称えた。

 また、元WBC世界バンタム級王者の辰吉丈一郎もリングサイドで観戦。「パンチがどうとか、実力差うんぬんじゃなく、(高山は)勝ち方を知っている。うまいし、これがキャリアの差」と33歳の新王者の試合運びを絶賛した。

最終更新:8月21日(日)2時7分

デイリースポーツ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。