ここから本文です

広島・緒方監督「今日は黒田でしょう」 投打で活躍のベテランを絶賛

デイリースポーツ 8月20日(土)23時32分配信

 「広島2-0ヤクルト」(20日、マツダスタジアム)

 広島が先発した黒田博樹投手(41)の投打の活躍で接戦に競り勝ち、5連勝を飾った。投げては7回2安打無失点で8勝目。88球、二塁すら踏ませぬ熱投で、四回にはセーフティースクイズを決め、これが決勝点に。緒方監督は「今日は黒田でしょう」と絶賛した。

 「苦しかったですね。きょうはブルペンから体が重くて、いつも以上に思ったところにボールがいってなかった」と初回、2本の安打を許したが、以降は五回、鵜久森に四球を与えるまで、走者すら許さない圧巻の投球。「石原のリードに助けられた。開き直ってリード通りに、テンポよく投げていくしかなかった」と、打っては今季初の猛打賞と奮闘した石原に感謝した。

 41歳以上シーズンでの8勝は、2009年の下柳剛(阪神=8勝)以来7年ぶり。右腕では90年の村田兆治(ロッテ=10勝)以来、26年ぶりとなった。約1カ月、登板4試合ぶりの勝利で、野茂英雄氏に並ぶ日米通算201勝。「ここまでくれば個人の成績どうこうより、チームが勝ったことが一番大きい。これからも共に苦しいシーズンを戦っていきましょう」と、スタンドを埋め尽くしたファンに向けて呼び掛けた。

 チームは5連勝で貯金を最多24に更新。2位巨人も勝ってゲーム差は変わらないが、最短23日にもマジックナンバーが点灯する。緒方監督は黒田の熱投に加えて、小技を絡めた勝利に「作戦通りに、黒田が打つ方でも打点を挙げてくれた。きょうのように全ての作戦がハマるとは思っていないが、いつも通りやるべきことをやるだけ」と、試合後は早くも次戦を見据えていた。

最終更新:8月20日(土)23時35分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]