ここから本文です

TUBE ハマスタで26年連続の野外ライブ 3万人に全30曲

デイリースポーツ 8月21日(日)0時7分配信

 ロックバンドのTUBEが20日、横浜スタジアムで同所で26年連続、通算28回目となる夏恒例の野外ライブを行い、雨の中駆けつけたファン3万人にWアンコールを含め全30曲を贈った。

 ボーカルの前田亘輝(51)はリオ五輪での日本選手の活躍に「涙がちょちょ切れる」ほど感動しており、20年の東京五輪での野望も披露。「開会式を歩いて見たい。選手としては無理だけど、スタッフでも何でも」と切望した。

 年明けに声帯のう胞除去手術を受けた前田はオープニングから25分のロックメドレーをノンストップで歌い続け、バルーンに乗ってメインからサブステージに空中移動するなど元気いっぱい。リクエストコーナーで年内での解散が決定しているSMAPの「夜空ノムコウ」を披露し、代表曲「シーズン・イン・ザ・サン」、「あー夏休み」なども熱唱。

 前田は声帯の手術について「高校時代の盲腸以来2度目の手術を受け、いい声に治してもらいました。歌える喜びをかみしめながらステージに立てました」と振り返った。

最終更新:8月21日(日)0時9分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。