ここから本文です

【MLB】レッズ救援右腕、天国の父に捧げる初本塁打 「涙を堪えきれなかった」

ISM 8月20日(土)17時44分配信

 シンシナティ・レッズは現地19日、本拠地でロサンゼルス・ドジャースと対戦し、9対2で快勝。救援右腕マイケル・ロレンゼン投手が、キャリア初ホームランとなる3ランを放ち、チームの勝利に貢献した。

 父親が死去したため、前日までチームを離れていたロレンゼン。この日は5点リードの7回1死一、二塁から登板し、1回2/3を無失点に抑えた。「最初のイニングの3アウト目を奪ったあと、トイレに駆け込む必要があった。涙を堪えきれなかった」と語ると、「支えてくれたチームメイトもいた。だから、打席に立つことができたし、打つこともできた」と振り返った。

 メジャー初本塁打を記録し、ダグアウトに戻った後も、グレートアメリカン・ボールパークに集まった2万8,184人のファンからのカーテンコールは鳴りやまず、チームメイトに背中を押されるようにして、目に涙を浮かべながら歓声に応えた。

 ブライアン・プライス監督は、「ロレンゼンのホームランは、我々全員にとって心を動かされるものだった」と述べると、「荘厳で、詩のようだった。その感情はまるで目に見えるかのように、彼がダグアウトに入ってから強まっていった。あのカーテンコールは、観客たちも気づいていたという証拠だろうね」と感極まったようすだった。(STATS-AP)

最終更新:8月20日(土)17時44分

ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。