ここから本文です

『HiGH&LOW』第2弾ヒロインは吉本実憂 雨宮兄弟・長男につながるキーパーソン

オリコン 8月22日(月)12時0分配信

 EXILE HIROが企画プロデュースする『HiGH&LOW』プロジェクトの映画第2弾『HiGH&LOW THE RED RAIN』(10月8日公開)の新キャストが発表され、ヒロイン・成瀬愛華役で吉本実憂が出演していることが21日、わかった。雨宮兄弟の長男・尊龍の行方にたどり着くキーパーソンとなる少女で、愛華が映った新たな場面写真が公開された。

雨宮兄弟&愛華 『HiGH&LOW THE RED RAIN』場面写真

 かつてSWORD地区を支配していたチーム「ムゲン」にも劣らない強さを誇った雨宮兄弟の雅貴(TAKAHIRO)と広斗(登坂広臣)は、1年前に行方知れずになった兄の尊龍(斎藤工)を捜していた。両親の命日、消えた尊龍が現れることを期待していたが、そこに現れたのは尊龍の行方の手がかりを知る少女・成瀬愛華(吉本)だった。

 愛華は、上園会の秘密を掴んだために殺されてしまった弁護士の父から、秘密情報が入ったUSBを託され、命からがら逃げていた。上園会に見つかりそうになったとき、潜入していた尊龍に助けてもらうが、その尊龍もUSBを持って姿を消してしまう。

最終更新:8月22日(月)12時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。