ここから本文です

なぜ、日本企業の国際カルテル摘発が相次ぐのか

投信1 8/20(土) 7:00配信

カルテルが禁じられている大きな理由は「企業間の競争がなくなること」

最近、報道などで「カルテル」という言葉を目にする機会が増えています。

カルテル自体は決して新しい概念ではありません。「カルテル(cartel)」は「企業連合」と訳されることもあります。その定義はまちまちですが、公正取引委員会では「複数の企業が連絡を取り合い、本来、各企業がそれぞれ決めるべき商品の価格や生産数量などを共同で取り決める行為を『カルテル』と言う」としています。

公共事業などにおいて、価格を維持するための入札価格や受注企業の調整などを行う、いわゆる「談合」についてもカルテルに含むという考え方もあります。

日本の独占禁止法では、カルテルや入札談合などを禁止しています。なぜ、カルテルはよくないことなのでしょうか。ポイントは、企業間の競争がなくなることです。企業間の競争がなくなると、消費者(購入者)は、より安い商品やよりよい商品を選ぶことができなくなります。

海外には日本の独占禁止法に相当するEU競争法、米国反トラスト法などの競争法があります。その目的は、競争制限行為を規制し競争を促進することです。現在、100以上の国々が競争法を有しています。

日本企業が巨額の罰金を科される事件が相次ぐ。従業員が逮捕される例も

日本企業にとって今、大きなリスクになりつつあるのが「国際カルテル」の摘発です。米国や欧州、中国のほか、多くの国で国際カルテルの摘発が強化されている傾向があります。

競争法の執行の内容は国によって異なるものの、制裁金や課徴金が科されるほか、罰金・禁固刑などの刑事制裁を受ける場合もあります。

実際に、日本企業に巨額の罰金が科されたり、従業員が逮捕され収監されたりする例が増えています。2012年には、矢崎総業とデンソーが米国向けの自動車部品「ワイヤハーネス」などを巡り価格カルテルを続けていたとして、米司法省から合計5億4800万ドル(約548億円:1ドル=100円で換算)の罰金を受け、関与した矢崎総業の日本人幹部4人が禁固刑となりました。

2014年には、ブリヂストンが自動車用防振ゴムでカルテルを行ったとして4億2500万ドル(約425億円)の罰金を支払うことで米司法省と合意しました。このほかにも、日本企業が100億円以上の罰金を科されるケースが相次いでいます。

影響は罰金額だけにとどまりません。取引先や消費者からの損害賠償請求訴訟、株主代表訴訟などに発展します。経営に大きなダメージを与えることになります。

1/2ページ

最終更新:8/20(土) 22:35

投信1

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。