ここから本文です

改善計画報告 きょうから営業再開 群馬サファリパーク

上毛新聞 8月20日(土)6時0分配信

 富岡市岡本の「群馬サファリパーク」は19日、20日から通常営業を再開すると明らかにした。従業員の斎藤清美さん(46)が車で巡回中にツキノワグマに襲われ死亡した事故が発生した16日から臨時休業していた。

◎車に金網、見回り2台以上に

 同パークによると、事故後、動物の侵入を防ぐために車窓に取り付けた金属製のパイプが壊れた状態で見つかったため、トラやライオンなどのいる区域を見回る車6台にパイプの代わりに金網を設置した。ツキノワグマは電気柵の中に入れて展示し、見回りも原則2台以上で行うよう改める。職員がより多くの情報を共有できるように、ミーティングの回数を増やす。

 同パークは19日、県に改善計画の実施状況を報告。県職員が現場を確認した。

 川上茂久園長(63)は「ご心配、ご迷惑をお掛けし深くおわびする。今の段階でできる限りの対策を講じた」とコメントした。

最終更新:8月20日(土)6時0分

上毛新聞