ここから本文です

高速道の最高速度引き上げ、女性は否定的 「消極安全思想」背景か 練習すべき急操作

乗りものニュース 8/20(土) 10:00配信

高速の制限速度引き上げ、男女で違う意識

 高速道路の一部区間について、制限速度を現行の100km/hから120km/hへ引上げる方針が、警察庁から発表されています。2017年以降に、新東名高速道路や東北自動車道の一部区間で110km/hへの引上げを試行したのち、速度を段階的に引上げ、対象路線や区間の拡大を検討するものです。

混んでいる高速道路はどこ? 渋滞ワーストランキング

 これについてソニー損保が2016年6月、自家用車を所有し自分で運転する20代から50代で、今年のお盆に帰省する予定がある男女(20代、30代、40代、50代、男女各125名)にインターネット調査を行ったところ、非常に興味深い結果になりました。ポイントは「男女の意識差」です。

 制限速度の引き上げで、「高速道路がいまよりも便利になると思うか」という設問に対しては、「そう思う」が全体の63.6%を占めました。しかし、「そう思う」は男性が71.0%だったのに対し、女性は56.2%にとどまっています。

「高速道路を走るのがいまより不安になると思うか」という設問には、54.6%が「そう思う」と答えましたが、男女別で「そう思う」人の割合は男性の41.2%に対し、女性は68.0%と多くなっています。

 また、高速道路の最高速度引上げに「賛成」か「反対」かでは、「賛成」が57.0%と「反対」の43.0%を上回りました。ただ、ここでも男性は「賛成」が70.4%と多かったのに対し、女性は「反対」が56.4%と過半数を占めたのです。

なぜ日本は最高速度が100km/hなのか? 世界の状況は?

 そもそもなぜ、日本では高速道路の制限速度が100km/hなのでしょう。

 日本最初の都市間高速道路は、1963(昭和38)年に開通した名神高速道路です。あわせて高速道路での最高速度制限が100km/hと決められ、半世紀以上たった現在も続いています。この最高速度は、世界的に見て最も低い部類です。

 日本では、1955(昭和30)年に発売された初の国産乗用車「トヨペット・クラウン」の公称最高速度が100km/h。その8年後の名神開通時でも、100km/hも出ない乗用車が多数を占めていました。そんななか、名神の制限速度が100km/hになったのは、当時としては思い切った決断だったといえるかもしれません。

 といっても、それからすでに半世紀以上。「クルマの性能が大幅に向上したんだから、いい加減に最高速度制限を引き上げてもいいじゃないか」と思うのが自然です。

 しかし、それが日本より高くなっている欧米各国も、制限速度を徐々に引き上げて行ったわけではなく、実は当初から変わっていないケースが多くなっています。ドイツのアウトバーンは最初から速度無制限でしたし、アメリカのインターステーツも、1950年代より120km/hから129km/h(時速75~80マイル)とされていました(オイルショックで一時55マイル(約90km/h)に引き下げ)。

 つまり制限速度の引き上げは、「それで事故が増えたら困る」という行政側の思惑が働き、各国ともなかなか踏み切れない課題なのです。

 そうしたなか、このたび日本でついに引き上げの方針が決まったのは、2013年に古屋国家公安委員長(当時)が主導し、懇談会が発足したのがきっかけですが、交通事故死者の減少傾向が続いていること、自動ブレーキの普及により今後もその傾向が続くであろうことなど、警察庁も「制限速度を引き上げても事故は増えない」と判断したからでしょう。

1/2ページ

最終更新:8/22(月) 12:43

乗りものニュース