ここから本文です

広島・丸が振り返る逆転劇の転機、「つなぐ意識」で4連勝導く

Full-Count 8月20日(土)7時20分配信

2安打4打点の活躍で4連勝に貢献

 広島の丸佳浩が19日のヤクルト戦で、2安打4打点の活躍でチームの4連勝に貢献した。

広島、過去10年のドラフト指名選手一覧

 初回に守備の乱れで、いきなり3点のリードを許した。丸は「変な雰囲気があったけど、1点ずつ返していけば逆転できると思った」とチームの勢いを信じていた。

 6回までは、今季初対戦となるデイビーズにわずか3安打、1点のみに抑えられた。丸も2三振を喫していたが、7回の攻撃でデイビーズは代打を送られて降板し、逆転劇につながった。

「相手ピッチャーが代わったところで、いい流れを持ってこられた」という丸は、7回に追撃のタイムリーを放ち、さらに8回には満塁の場面で走者一掃のタイムリー二塁打をマーク。試合をひっくり返した。「コーチからは、普通に行けと言われただけ。若いカウントだったので、自分のスイングをしただけです」と、1ボールからの2球目をとらえた一撃は、ライナーで左中間を破った。

「今シーズンのウチの方針は、つなぐということ。前の菊池の四球もそうだったし、それがあの場面でも出た」と胸を張った丸。「これからもつなぐ意識を忘れることなく、最後までやっていきたい」。そんな意識が浸透した打線に、大きなスランプはなさそうだ。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:8月20日(土)7時20分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報