ここから本文です

東京に佐賀からバルーン 女優・中越典子さんPR大使

佐賀新聞 8/20(土) 14:43配信

 東京の空に佐賀からバルーンがやってきた。佐賀市は19日、東京都世田谷区の駒沢オリンピック公園で、搭乗体験やバーナーの灯りが夜空を彩る夜間係留を実施した。合わせて「市プロモーション大使」に任命された女優中越典子さんが今秋開催の世界選手権をアピールし、「バルーンの舞うロマンチックな空は私の心に小さなころから寄り添っている景色。ぜひ、皆さんに体験してほしい」と来佐を呼び掛けた。

 普段、バルーンを見る機会のない東京の子どもたちに魅力を伝え、世界選手権をPRしようと企画した。地元の子どもを招いた係留の搭乗体験には21日までの3日間で300人の定員に約2倍の応募が殺到した。

 都心に現れた巨大なバルーンに通勤中の人やジョギングしているランナーも驚いていた。搭乗した小学1年生石田明莉さん(7)は「バーナーの炎がすごかった。佐賀に行ってみたい」と笑顔を見せた。

 故郷の魅力を発信するプロモーション大使は中越さんで4人目。秀島敏行市長から委嘱状を受けた取った中越さんは「生まれ育った佐賀は世界一好きな場所。佐賀を知ってもらう手伝いをしたい」と抱負を述べた。「河川敷からバルーンが浮かび上がる瞬間は本当に美しくて、中学の時の初デートでも行きました。屋台のたこ焼きを全部ひっくり返して恥ずかしかった」と思い出話も披露した。

最終更新:8/20(土) 14:50

佐賀新聞